三菱自動車で働く自動車整備士の待遇と転職成功事例を紹介

整備士の転職ノウハウ

knowhow

三菱自動車で働く自動車整備士の待遇と転職成功事例を紹介

国産車の主要メーカーの1つである三菱自動車を転職先の候補として考えている自動車整備士も多いのではないでしょうか?



三菱自動車への転職を検討する際に気になるのが、三菱自動車で働く自動車整備士の待遇ですよね。



そこで、今回は三菱自動車の基本情報を押さえながら、そこで働く自動車整備士の特徴や平均給与・年収、休日日数といった待遇などについて紹介致します。

最終更新日 /
公開日 /
中山 淳平
この記事を書いた転職サポートの専門家
コーディネーター

年間500名以上の自動車整備士の転職をサポートしているスペシャリスト。 自動車業界に精通した人材紹介・派遣会社でノウハウと経験を積み、カンパネルのコーディネーターに。 「自動車整備士とその家族に寄り添うサポート」をモットーに、転職の難しさを一番知っているからこそ最高の転職を実現できるようサポートを行っている。 好きな音楽はマキシマムザホルモン。

国産車の主要メーカーの1つである三菱自動車を転職先の候補として考えている自動車整備士も多いのではないでしょうか?

 

三菱自動車への転職を検討する際に気になるのが、三菱自動車で働く自動車整備士の待遇ですよね。

 

そこで、今回は三菱自動車の基本情報を押さえながら、そこで働く自動車整備士の特徴や平均給与・年収、休日日数といった待遇などについて紹介致します。

三菱自動車はどういう会社?

三菱自動車の正式名称は「三菱自動車工業株式会社」と言い、1970年に三菱重工業から独立して誕生しました。

 

自動車メーカーとしては比較的歴史が浅い会社ですが、三菱自動車の前身から数えるとその歴史は大正時代まで遡ります。

三菱自動車の自動車製造の歴史

三菱自動車の自動車製造の歴史は、1918年(大正7年)に幕を上げました。同年、国内初の量産乗用車として「A型乗用車」を販売しています。

 

1960年(昭和35年)には戦後初、自社開発の四輪乗用車「三菱500」を発売しました。このモデルは1962年のマカオグランプリで優勝を果たします。

 

その後もさまざまなレースに参加して、過酷な環境下で走行する技術を磨き、「三菱自動車といえば4WD」というイメージを確立しました。

現在は日産自動車の傘下に

三菱自動車は早くから電気自動車の開発にも力を入れてたことで知られています。

 

1966年から研究を開始し、その成果は1999年の「FTO EV」が打ち立てた、24時間で2142.3kmの走行という記録に結実しました。世界初の量産型電気自動車として、2009年には「i-MiEV」を発売しています。

 

しかし、リコールなどのさまざまな問題により経営状況が悪化した影響で、現在は日産自動車の傘下となっています。

三菱自動車で働く自動車整備士の特徴

自動車製造において長い歴史を持つ三菱自動車ですが、そこで働く自動車整備士にはどのような特徴があるのでしょうか。

自動車整備士として成長できる環境がある

三菱自動車では、自動車整備士としてしっかり成長できるよう、充実した研修が用意されています。

 

三菱自動車では、「三菱自動車サービス技能資格制度」と呼ばれるメーカー資格制度が設けられており「サービスアドバイザーコース」「サービスエンジニアコース」「ボデーエンジニアコース」「ペイントエンジニアコース」の4つのコースに分けられます。

 

この「三菱自動車サービス技能資格制度」は、サービススタッフとして必要な知識とスキルを習得し、質の高いサービスを提供できる人材へと教育することを目的としています。

 

自動車整備士に該当するのは「サービスエンジニアコース」です。

 

サービスエンジニアコースでは、5級サービスエンジニアから始まり1級サービスエンジニアを目指します。

 

各ディーラーによっては、上級の資格を有するほど手当が充実するほか、資格取得のお祝いとして海外旅行がプレゼントされることもあるそうです。

 

また、三菱自動車で整備主任者を1年以上務めると、検査員の資格試験を受けられるようになります。

 

ちなみに、検査員の資格を取得するとさらに手当が付くほか、昇進にも有利になるというディーラーもあるようです。

三菱自動車に転職した整備士の声

実際に三菱自動車に転職を成功させた自動車整備士の声を聞くと「自動車整備士として成長する機会に恵まれており、やりがいがある」との回答が多かったです。

 

また、三菱自動車に転職した自動車整備士の中には「ランサーエボリューションを整備したいという思いがあった」という声が多く聞かれました。

 

三菱自動車の車が好きという方にとっては、特に働きがい・やりがいを感じられそうです。

三菱自動車で働く自動車整備士の待遇を徹底分析

成長できる環境と機会が整っている三菱自動車の自動車整備士ですが、実際の年収や待遇なども気になるところ。

 

そこで、ハローワークのデータをもとに三菱自動車の自動車整備士求人情報を調べ、給料や賞与、休日、残業時間数といった待遇を調査しました。

三菱自動車で働く自動車整備士の月給・年収・ボーナス

クラッチ求人の調査によると、三菱自動車で働く自動車整備士の給料は平均198,898円。

 

国内の主要自動車メーカーと比較すると5位でした。

 

ボーナスの支給月数は平均2.0か月分、平均支給額は402,438円と、国内の主要自動車メーカーと比較すると最下位でした。

 

クラッチ求人が行った「国産自動車メーカーの待遇」の調査結果と比較すると下記のようになります。

三菱自動車の待遇 国産自動車メーカー
との比較
月額支給額
(中間値)
198,898円 5位
賞与有率 100% 1位
賞与平均支給日数 2.0ヶ月 8位
年間賞与平均額 402,438円 8位
平均年収 2,789,000円 8位

 

引用:クラッチ求人【ディーラー・メーカー別】整備士求人の給料・年収・待遇ランキング

 

三菱自動車で働く自動車整備士の退職金・残業時間・年間休日

続いて、同じデータから三菱自動車で働く自動車整備士の時間外労働時間や年間の平均休日日数を調べました。

 

時間外労働時間は平均月15時間であり、主要国産車メーカーの平均よりやや少ない結果となりました。

 

一方、年間の休日数は平均103日で、主要国産車メーカーの平均と比べてやや多いと言えるでしょう。

 

退職金は全国の三菱自動車ディーラーを調べたところ、「退職金制度がある」と答えた企業は全体の88%でした。

 

ほとんどのディーラーで退職金制度は完備されていますが、退職金制度がないディーラーもあるのでしっかり確認しておきましょう。

 

クラッチ求人が行った「国産自動車メーカーの待遇」の調査結果と比較すると下記のようになります。

三菱自動車の待遇 国産自動車メーカー
との比較
退職金制度有率 88% 4位
残業時間 15時間 3位
平均年間休日 103日 3位

引用:クラッチ求人【ディーラー・メーカー別】整備士求人の給料・年収・待遇ランキング

まとめ

賃金面では他社と比べ低い傾向にあるものの、三菱自動車の自動車整備士には成長できる環境と機会が用意されています。

 

自動車整備士として研鑽し、技術と経験を重ねて上位の資格を取得することができたら、大幅な待遇アップも期待できるでしょう。

 

また、残業時間や休日数は国内の主要自動車メーカーの中でも比較的恵まれているため、激務のイメージがある自動車整備士としては働きやすいといえます。

 

ただし、転職先のディーラーによって若干の違いがあるため、実際の転職活動では志望先の情報を十分に調べておくことをおすすめします。

 

上手く調べられないという場合は是非一度カンパネルにご連絡ください。

転職相談や求人紹介なども受け付けております。