スバルで働く自動車整備士の待遇と転職成功事例を紹介

整備士の転職ノウハウ

knowhow

スバルで働く自動車整備士の待遇と転職成功事例を紹介

最終更新日 /
公開日 /
赤木 守
この記事を書いた転職サポートの専門家
コーディネーター

これまで、16年間で2,800人以上の自動車整備士の転職をフルサポートしてきたベテランコーディネーター。日本最大手の人材派遣会社で経験を積み、自動車整備士に特化した人材紹介・派遣会社に転職。現在はカンパネルのコーディネーターとして自動車整備士の転職をフルサポートしている。 趣味はゴルフ。

「転職を考えているけど、どのディーラーが良いのか分からない」

「スバルに転職したいけど待遇はどうなの?」

 

といった自動車整備士の方々に向けて、ここではスバルで働く自動車整備士の月給・年収・賞与・休日といった待遇を分析しながら、実際にスバルへ転職された方の声を紹介します。

 

スバルへの転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

スバルはどういう会社?

スバルの正式名は「株式会社SUBARU」です。

 

1917年(大正6年)「中島飛行機」という民間の飛行機研究所としてスバルの歴史は始まりました。

 

当時は軍用機やそのエンジンなどの開発を中心に行っていましたが、戦後、軍需産業から非軍需産業へと転換し、バスやスクーターなどの開発に乗り出します。

 

その後、企業の統廃合を経て、1953年(昭和28年)に「富士重工業」の「スバルブランド」がスタートし、2017年には富士重工業から株式会社SUBARUへと社名を変更しました。

航空・宇宙事業にも注力している

スバルが、自動車関連事業以外に力を入れているのが航空・宇宙事業です。

 

スバルの技術は国内外から高く評価されおり、ボーイングなどの旅客機や防衛省向けの航空機の開発などにも携わっています。

スバルで働く自動車整備士の特徴

自動車以外に旅客機や航空機にも定評のあるスバルですが、そこで働く自動車整備士にはどのような特徴があるのでしょうか?

安全性を何よりも重視する企業姿勢

他社と差別化されるスバルの最大の特徴は「安全性の重視」です。

 

車を運転する以前の安全に強いこだわりを持っており、それは「0次安全」というスバル独自の考え方によく表れています。

 

「0次安全」とは、車が走り出す以前の段階を指します。

 

ドライバーの視界を良好に保つ仕組みや正確な運転姿勢を保てるようにシートの開発にも力を入れるなど、ドライバー自身が危険を見落とさないことを第一に考えて開発を行っています。

 

走ることの楽しさをアピールするメーカーは多いですが、スバルの場合、楽しさはあくまで安全性を追求した結果として付いてくるという考えです。

 

自動車整備士は安全性を保証する存在

スバルのクルマづくりに対する安全性の考え方は、当然ながらそこで働く自動車整備士にも深く根付いています。

 

どんなに安全性の高い車を作っても、その性能を常に最大限に発揮できるようにしておかなければ、事故をゼロにすることはできません。

 

そのために自動車整備士は、日々ユーザーの車を点検・修理し、スバル車の安全性を担保しています。

自動車整備に関わる全員が「メカニック」

スバルでは自動車整備工場で働く方々を総称して「メカニック」と呼びます。

 

整備士資格を持っていないスタッフも同様にメカニックと一括にしています。

 

通常、自動車整備士として働くには資格が求められますが、スバルの場合、資格取得支援制度が充実しているため、無資格で入社して働きながら整備士資格を得ることも可能です。

スバルで自動車整備士として働く魅力

実際にスバルへ転職した人の声を聞いたところ、自動車整備士として働く魅力として、スバルならではの先進技術に触れられることを多くの人が挙げています。

 

安全技術の「アイサイト」や「水平対向エンジン」といった、スバルにしかない技術を身につけることができます。

 

これは、自動車整備士としてキャリアアップしたい方にとって大きな魅力でしょう。

スキルアップのための環境が整っている

スバルでは整備技術を高めるための環境も整っています。

 

スバルには、「スバルアカデミー」という教育機関を始め、認定資格制度や研修制度など、キャリア形成のための仕組みが用意されています。

 

技術コンクールへの出場やモータースポーツ会場への派遣など、今までの経験やスキルを試すことができます。

 

特に後者は自動車整備士として憧れの場所であり、働く人の大きなモチベーションとなっています。

自動車整備士からのステップアップも可能

自動車整備士からさらにステップアップした働き方ができるのも、スバルで働く大きな魅力と言えます。

 

たとえば、顧客対応の最前線であるフロントスタッフに転向する人はよくいますし、そこから店長になる人もいます。

 

また、本社スタッフへ転向、ディーラーからメーカーに出向するといったケースもあるため、幅広いキャリア形成が可能です。

スバルで働く自動車整備士の待遇を徹底分析

ハローワークに掲載されているスバルの求人情報を参考に、スバルで働く自動車整備士の給料やボーナス、年収、年間休日、残業時間などの待遇について見てみましょう。

スバルの自動車整備士の月給・年収・ボーナス

スバルの自動車整備士の平均給料は、198,052円です。

 

この数字は、トヨタ、日産、ダイハツ、ホンダ、スズキ、三菱、マツダという国内の主要自動車メーカーと比較すると、やや低めです。

 

ただし、ボーナスは4.7か月分と主要8メーカー中トップで、年間の平均ボーナス額も933,813円と最高水準の金額です。

 

クラッチ求人が行った「国産自動車メーカーの待遇」の調査結果と比較すると下記のようになります。

 

スバルの待遇 国産自動車メーカー
との比較
月額支給額
(中間値)
198,052円 6位
賞与有率 100% 1位
賞与平均支給日数 4.7ヶ月 3位
年間賞与平均額 933,813円 1位
平均年収 3,310,000円 3位

引用:クラッチ求人【ディーラー・メーカー別】整備士求人の給料・年収・待遇ランキング

スバルで働く自動車整備士の退職金・残業時間・年間休日

スバルで働く自動車整備士の時間外労働月間時間数は、平均15時間です。

 

国内の主要自動車メーカーと比べて特に残業が多いわけではなく、ごく平均的なレベルと言えるでしょう。

 

年間休日数は平均106日で、自動車整備士としては業界のなかでも比較的休日数が多いことが分かります。

 

クラッチ求人が行った「国産自動車メーカーの待遇」の調査結果と比較すると下記のようになります。

スバルの待遇 国産自動車メーカー
との比較
退職金制度有率 100% 1位
残業時間 15時間 3位
平均年間休日 106日 1位

引用:クラッチ求人【ディーラー・メーカー別】整備士求人の給料・年収・待遇ランキング

まとめ

実際に転職を成功させた人の意見によると、スバルは、自動車整備士として技術を高めることのできる環境が整った理想的な職場と言えそうです。

 

また、職場環境が優れているだけでなく、年収や休日数など待遇面も悪くないため、満足している自動車整備士が多いのも事実です。

 

しかし、転職先のディーラーによって若干の違いがあるため、実際の転職活動では志望先の情報を十分に調べておくことをおすすめします。

 

上手く調べられないという場合は是非一度カンパネルにご連絡ください。

 

転職相談や求人紹介なども致します。